乾燥肌で敏感肌の体験談

乾燥肌と敏感肌、両方持ち合わせている事ほど面倒くさい事はありません。
私は小児アトピーでした。小学校上がる頃には完治し、自宅で使う石鹸など特に気にせず家族と同じように使用していました。

小学校高学年になり周りの友達がシャンプーやトリートメントを流行りの香りの強いものにしたり、リップなどオシャレな感じの物を使うようになったので、私も同じように流行りのシャンプーやリップ、ハンドクリームなど使い始めました。

 

使うようになってすぐに肌が荒れて皮向けしたり痒くなるようになりました。

頭頂部から目の周り、唇など弱い部分がどんどん肌荒れしていきます。

小学生とか中学生の時なので、すぐに原因が使っている香料の強いスキンケア用品だとは思わず、痒いながらも使い続けていました。

同時に思春期なのでニキビも出始め、カサカサのボクボクな肌になり、高校生になってから耐えられなくなり皮膚科に行くようになりました。
そこで初めて自分は乾燥肌と敏感肌の混合肌というものだと知りました。
皮膚科で敏感肌用の洗剤でスキンケアの指導を受け、薬を付けるようになるとニキビもカサカサ肌も痒みも取れるようになりました。

 

乾燥肌はそれが原因でいろいろな悩みがでてきます。

 

しわやたるみ、特に最近気になるのが目の下のたるみです。

目の下のたるみ 美顔器で改善したいのですが、美顔器を使うと保湿効果もあるので、乾燥対策にもなりました。
それからはスキンケア用品はもちろん、化粧品も敏感肌用を使用。

しかし時期によって敏感肌用もダメな時期もあり、その度に様々なメーカーの敏感肌化粧品に買い換えたりしていました。
少し使ってダメな物がたまるのでその都度捨てたりしており、今は落ち着いていますが、そこまでとても無駄な事をしたと思います。
しかしこの経験があったので、今はやっと肌に優しい自分に合うスキンケア用品に出会い、皮膚科通いせずに済むようになりました。