血糖値とは?正常値でなければどのような問題がおこるのか?

◇血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことである

糖尿病は治療中または、予備軍であることにかかわらず血糖値が高いことをいいます。
糖尿病の診断は、血糖値が高いかどうかではんだんされます。血糖値が高い状態を高血糖といいます。この判断基準である血糖値とはいったい何なのか、高いとどのような弊害があるのでしょうか。

ブドウ糖は、炭水化物の主成分です。炭水化物は、砂糖、くだもの、お米やパンなどの穀類、イモ類などに多く含まれています。この炭水化物の含まれる食べ物を取ることにより脳や筋肉を働かせることができます。つまりブドウ糖は、私たちの体にとって重要なエネルギー源なのです。
そして、このブドウ糖の血中の濃度が血糖であり、100mlの中に何mgブドウ糖が含まれているかを測ったものが血糖値です。

◇血糖値を下げる働きをするインスリン

インスリンは膵臓でつくられます。もう少し詳しく言えば、膵臓のなかにあるランゲルハンス島という細胞のあつまりでできた特別な働きをする部分でつくられます。
インスリンは血糖値を下げる働きがあります。インスリンのはたらきにより、食後でも血糖値が高くなりすぎることがないのです。しかし、体内の脂肪がおおくなりすぎると、インスリンが働きにくい状態となります。このような状態が続くと高血糖が慢性化して、糖尿病になる可能性が高まります。

◇血管に大きなダメージをあたえる高血糖

高血糖ときけば、なんとなくイメージは沸きますがどのようなことが体内で起こっているのか想像できる方はすくないのではないのでしょうか。
高血糖は、血管に悪影響を及ぼす可能性がありそれが重大な疾患へとつながる危険性があります。
血管に悪い影響をあたえる物質のひとつに活性酸素があります。この活性酸素を多量に発生させることに大きくかかわっているのが、たんぱく質とブドウ糖です。血中のブドウ糖が多くなりすぎると血管壁にブドウ糖がこびりついてしまうことがあります。この血管壁にこびりついたブドウ糖がタンパク質と結びつき活性酸素を発生させるのです。
活性酸素には強い酸化作用があり、酸化することにより動脈硬化や、血管がほそくなったりするなどの悪影響をおよぼします。動脈硬化は血管壁にコレステロールがたまることにより起こります。その状態を修復するために血中に白血球や血小板が増えるのですが、それがかえって動脈硬化の悪化や血管を細くすることにつながります。悪化すれば血管腔を塞ぐ恐れもあります。

血糖値対策のサポートにはサプリメントも有効です。
人気の血糖値サプリを集めてみたのでご参考に→血糖値サプリランキング