医療用脱毛レーザーを使用する際のポイント

医療用の脱毛レーザーによる脱毛処理を行う際には二つのポイントがあります。
まず、医療用脱毛レーザーの仕組みを知る事が大切です。
メラニン色素は黒い為、黒い色に反応するレーザーを皮膚に照射する事によって毛根が発熱しダメージを受けます。
一つ目のポイントは紫外線対策を行い日焼けを避ける事です。
脱毛レーザーの光はメラニン色素に反応する為、肌が日焼けしている状態で脱毛処理を受けた場合に皮膚へダメージを与える場合があります。
脱毛処理を受ける数ヶ月前及び脱毛処理後に肌が落ち着くまでの間は日焼けを防ぐ為、紫外線対策をしっかり行う事が大切です。
又、脱毛処理を行った後の肌は一時的に乾燥しています。
レーザーの光を照射した際に毛根部分にダメージを与えると同時に、周辺の肌へ熱のエネルギーが伝わる為です。
(脱毛処理を行っている最中に若干痛みや熱を感じる事もあります)
肌が本来持っている保湿能力が一時的に低下する事もある為、充分に保湿を行う事が大切です。
二つ目のポイントは生理中又は妊娠中の場合です。
基本的に脱毛処理時に使用するレーザーは体内への影響は少ない為、生理中や妊娠中でも使用する事は出来ますが、生理中や妊娠中はホルモンバランスの変化や乱れが生じる事がある為、出来る限り脱毛処理は避けた方が無難です。